幸せ辛さ背中合わせの一線違い

これに君が好きだって事以外大した意味なんてないよ

俺節プロジェクトについて

俺キャット屋さん公式ツイッターで、

俺節を世界に伝えたいという、奥様の思いから俺節プロジェクトが発表されました。

発表から数日経ち既に公式ツイッターにて色々なお考えが更新されているので、現時点この計画自体に憤り等はありません。

始め、このプロジェクトの内容を見て、「少し大きくなりすぎでは?」という思いが生まれました。奥様がこれまでのグッズ販売等でも身を削って運営をしていらして、本当に心配になったので、これ以上大丈夫なのか?という思いと、既に終演し、安田くんは「みんなの心の中で耕して」と言っていた。みれん横丁はまだどこかにあるような気持ちだけれど、あの綺麗な終わりで良かったのではないかという思い。

勿論私はDVDが欲しいし、見れなかった、見なかった方々に見て欲しい気持ちは凄くあります。

だからこそ、DVD化やCD化はして欲しい。残して、一生見続けたい舞台。

だけど、もしも再演が決定したら、安田くんはまた命を削ってコージになるのかと思うと凄くそれは心配になる。安田くんは絶対にそうすると思う。それを応援したいという気持ちはある。そんな安田くんが好きだから安田くんの担当をしている。けれど心配。

そして、またあのメンバーが揃うのかどうかわからない。舞台俳優さんは皆さんずっとスケジュールが決まっていて、色々な舞台に出演されているし。あのメンバーが揃う事が目標と奥様は仰っていたけれど。あの舞台に立つ全員が好きな私は、再演をするのならば、あのメンバーが揃って、増えも減りもせずに行われて欲しい。けどそんな事はあり得ないと思う。

映画化もしかり。あのメンバーが揃うのかどうか。きっと舞台とは違うから映画化になったら必ずキャストは増える。そして何より、俺節は舞台であるべきだって思う。私の主観だけれど。舞台で生であのキャスト全員の熱を感じて、みれん横丁に飲み込まれるあの感覚が好きだし、流れるように場面展開されていく舞台の動きが好きだし、あの舞台のセットの雰囲気が好きだから。DVDだって生ではないだろって思われるかも知れないけど。それはそうなんだけど。でもあの劇場の中にいる感覚が味わえるだけで良い。

 

映画化、再演といった大きな目標は、それと比べて小さいDVDやCDの実現可能性が高まると思っての事という奥様の言葉を聞いて、安心をしました。確かに、大きい目標を掲げた方が本当の目標が実現できると思うし。

 

奥様の「安田さんにもしものことがあれば死ぬつもりだった」という言葉に凄く衝撃を受けました。私達ファンが心配に思ってたように心配をしてくださっていて、改めて奥様にとって俺節が本当に本当に大切で色々なものを犠牲にしても俺節をっていう気持ちが伝わってきました。でも、奥様が犠牲にしすぎて実現するのも気持ちよくはないから、本当にご自身のお身体と財産を大切にして欲しいなと思います。

 

私は、DVD化、CD化に賛成だし、その為には募金や署名など出来ることはなんでもしたいと思っています。

 

奥様の熱意が無ければこのまま俺節のDVD化は、されるされない一切発表されないまま流れていたかも知れない。だからこそ出来る事は協力していきたいなと思いました。

 

とりあえず、これまでのグッズ販売等でも利益はなく原画展開催も赤字の予定だった、と言っていたにも関わらず、奥様に向けて誹謗中傷メールを送った人達は恥じて欲しい。安田くんを酷使するなという気持ちはわかる。わかるけれどそんな事は奥様は言っていない。何しろ安田くんの耳にそんな事があった事が入ってしまうことが本当に恐怖。安田くんがあれだけの熱量で、命削って演じた俺節は、奥様がいなかったらできていなかったと思うし、あのとても素敵な原画展に安田くんが足を運べて、感動する事が出来た事実は絶対に奥様がいなかったらできなかった事だから。それだけの方になんで誹謗中傷をするの。そんなことの為に奥様はメールアドレス開いたわけじゃない。本当に反省して欲しい。

 

初めは本当にモヤモヤした気持ちだったこのプロジェクトだけど、私は応援していきたいです。あくまでこのブログは全部私の主観でしかないし、私はDVDとCDが良いなと思うけれど、他の事も応援する人を否定はしないです。

 

無事にこのプロジェクトが終わることを祈っています。奥様が著しくお体を壊されることがありませんように。